ケチョンの青春日記
一生、青くいたいものです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
今日のおことば
follow me
なかのひと
SPONSOR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ヘルタースケルターを観たけれど…

人種のせいなのか、

世代のせいなのか、

あんまりハマらなかった。



なんとゆうか、

若い、感じ。3年くらい前な感じ。

どうなのコレ、大学生くらいだったら

楽しめたんだろうか。



同世代の人に、感想聞いてみたい。

just 30くらいの人って、

意外と違うのではなかろうか。

イメージだけど、

25歳以下、34以上って感じがする。



しかも、なんで、

そこで、アユ???



映画に求めるものって、

人それぞれなんだな、きっと。

映画、好きなんだけど、なぁ。。
cinemusic | permalink | comments(0) | -

「苦役列車」を観まして。

 暗い、暗いのかなぁ...

と思いきや、意外と青春。



登場人物が少ないのに、

というか、少ない分

それぞれの人柄が、じんわり沁みる。


ハッピーとアンハッピーの

バランスが絶妙。


そして、やっぱり

マキタスポーツ!!

主役級。




cinemusic | permalink | comments(0) | -

SweetなHawaii、SteadyなSeoul、そして…



リンネルは京都。

女性誌は宝島。
ケチョンTV | permalink | comments(0) | -

ただいま。



初めてのロサンゼルス

ハリウッドの勢いそのままに

機内で映画を5本も観てしまった

眠い。


けど、やっぱり映画はいい!!



旅と映画が大好きだった

学生時代を思い出しました。



あぁぁぁぁ

映画観たい

旅したい
travelocal | permalink | comments(0) | -

勝手に、dトラ



我が故郷のソウルフード

とゆうか、

懐かしのお菓子



超久しぶりに見て、ジャケ買い。

見ようによっては、

d design travelとかにありそうやん。



もちろん、

味も抜群の安定感。

めっちゃロングセラー商品です。




来るね、

諏訪湖豆の時代。


青春モノ | permalink | comments(0) | -

パンケーキ女子



いい季節になりました。

夏はすぐそこ。



で、

秋の企画を、考えてます。
青春モノ | permalink | comments(0) | -

happy ending 年表を書いてみたよ。

max80歳まで生きるとして、

その時に、happy endingを迎える為の

自分の年表を書く、という作業を

なぜか、突発的にしてみました。


こんなことするの

人生で初めて、かもしれない。


書いているうちに、なんとなく

3カ年計画で、1phaseが終わり

次のphaseへ向かう、という

カタチに落ち着き。



なんというか、

すごい、スッキリした!!



今年は、30代の幕開け

3カ年計画の1年目ということで、

はじまりの年です。


wakuwakuします。


とりあえず、聴いとくか。

青春ヒトリゴト | permalink | comments(0) | -

今日のおもたせ



日曜、午前中の散歩は
午後よりも格段に幸せ度が高い。
青春モノ | permalink | comments(0) | -

三十路ブルース

最近、柄にも無く、

あれやこれやと、悩みがち。


気付けば、

あと1ヶ月で30歳やん!


ああ、これが

三十路ブルーってやつか。


三十路ボンバイエで元気出す。



青春ヒトリゴト | permalink | comments(0) | -

今年も宮城へ行って来ました。


桜が満開の松島。

お天気も良く、たくさんの人が観光に訪れていました。

それでも、

ところどころに残る津波のあとを目にすると

わずか一年の間に

ここまで日常らしさが戻した現場の方々のパワー

美しい景色を楽しませてもらい、感謝です。



もう一カ所、

初めて、南三陸を訪れました。

よく目にする日本らしいのどかな山景色


でしたが、ひとたび、海の方へ抜けると

「何も無い」大地が広がっていて

やはり、言葉を失います。


それでも、途方も無い程の瓦礫の山が無くなり

ここまで来たのだ、ということに

ホテルに残る写真を見ながら思いました。



南三陸の宿は素晴らしく

また一つ、旅先で癒しと元気をもらいました。

ありがとうございました。





travelocal | permalink | comments(0) | -
<< 2 / 158 >>